Blog Post

patrick vegee 意味 29

●11/16発売 https://a.r10.to/hV11fb | 鬼滅の刃イラスト まとめ | ペンギン村まとめ | コンビニ公式アカウントまとめ | 官報ブログ 注目企業まとめ (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); UNISON SQUARE GARDENのニューアルバム「Patrick Vegee」がリリースされた。, バンドのアルバムって一人の作家性が浮き彫りになるタイプのものと、バンドそのもののカラーが色濃く浮き上がるもののふたつがある。, UNISON SQUARE GARDENの場合、その辺がちょっと特殊だよなーと思う。, もちろん、アルバム全体の手触りでいえば、UNISON SQUARE GARDENというバンドのカラーが全面に出ているアルバムなんだけど、アルバムの中に宿っているロマンには全曲の作詞作曲を手掛けている田淵智也のそれが宿っている気がするのだ。, 今作においても、曲順や曲間などで、そういう田淵ならではの作家性をひしひしと感じさせてくれるのだ。, このアルバムの特設サイトでは<なんかグチャっとしてんだよな。>という言葉がどーんと表示されているんだけど、そういう意味でいうと「グチャっとしている??????!!!!!!!いや、むしろ逆ですよ、逆!!!!!」みたいな気持ちになった。, なんせ、今作は過去のユニゾンのアルバムと比べても、曲順と曲間がキレイにハマっていると感じたから。, わかりやすいところでいえば、各シングル曲とその前に配置されたアルバム曲との言葉の繋がりにある。, 「スロウカーヴは打てない(that made me crazy)」の最後のセンテンスは<つまりレイテンシーを埋めています>になっている。, これは、次に配置されたシングル曲の「Catch up, latency」のタイトルとシンクロするようになっている。, また、「夏影テールライト」と「Phantom Joke」でも、「ジョーク」というキーワードにより、ふたつの楽曲が繋がるように配置されている。, このアルバムにおける田淵のインタビューを読んでいる限りだと、「春が来てぼくら」だけは着想違いの作品だったため、あまりアルバムに入れたくなかったようだけど、入れざる得ない中で楽曲が浮かないようにするための方法として、前楽曲と連動するセンテンスの挿入を実践したと語っている。, 当然、「弥生町ロンリープラネット」と「春が来てぼくら」でもその方法論を確認できる。, そして、こういう仕掛けを施されたことで(いや、施されていなくもだが)自分は「春が来てぼくら」は浮いているようには一切思わなかった。, 確かに全体的にソリッドでシンプルなバンドサウンドが目立つ今作において、でかでかとストリングスが入っているこの歌は色がちょっと違うのかもしれないけれど、むしろこの色の違いがこの曲の名曲具合を鮮やかにしているように感じたのだ。, そのため、このアルバムをフルで聴くたびに、「弥生町ロンリープラネット」の最後のセンテンスがそのまま「春が来てぼくら」に繋がる流れに鳥肌がたってしまうのだ。, 「春が来てぼくら」って曲としての求心力が高く、言葉がぐーっと入り込み、視界が広がるような風呂敷大きめの曲である。, アルバムが終盤に向かい、夏フェスでいうと夕日が見えてきそうなタイミングで、とたんにこういう大きな曲がどかーんと響く感じに、自分はゾクゾクさせられるのだ。, きっとシングル曲をシングル曲と知らずに聴いた人であれば、シングル曲が「アルバムの中の外側の曲」なんて一切思わないと思うのだ。, それくらいに、しかるべきタイミングに、しかるべき位置にそれぞれのシングル曲が収まっている。, 捨て曲があるとかないとか、そういう話なのではなく、純粋にこのアルバムの流れでそのまま全曲聴きたくなる。, そういう気持ちにさせてくれるのは、序盤の「Hatch I need」〜「Catch up, latency」までの流れが秀逸だからだ。, 「スロウカーヴは打てない(that made me crazy)」と「Catch up, latency」がセンテンスに繋がりがあることは先ほど述べたとおりだが、センテンスがどうとか関係なしに曲と曲の繋ぎ方があまりにもかっこいいのである。, このパートでは、曲が終わるとすぐに次の楽曲が始まるように、なるべく余計な間を削っている。, だからこそ、先程の楽曲のフレーズが余韻になって、次の楽曲と「繋がり」を強く感じさせてくれるのだ。, 「Hatch I need」で言えば、ユニゾンのアルバム一曲恒例の数字遊びがあったり(今作は8枚目のアルバムのため、8=Hatchという音を効果的に使っている)、ジャケットやアルバム帯とリンクするように「白ヤギが食べる」というフレーズを入れてみたりしている。, さらに言えば、この歌の歌詞に出てくるAとBというワードは、昨年のユニゾンの活動とシンクロするようにもなっている(去年はB面の楽曲に光を当てるようなツアーを行っていたため)。, ユニゾンのアルバムって全体で捉えていくと、ユニゾンの物語に集約されるところがあって、冒頭のセクションでもそういう要素を予感させるものが散りばめられているわけだ。, アルバム全体の流れでいえば、少し揺さぶりをかけているような印象を与える「摂食ビジランテ」。, ただ逆に言えば、アルバム全体に揺さぶりをかけてくる楽曲が、今作ではユニゾン三人の音で構成している曲であることがポイントのように思う。, 前作のアルバム「MODE MOOD MODE」であれば、ここらへんで積極的に音の足し算をして、変化を加えていた。, あと、「摂食ビジランテ」に関しては、このアルバムのひとつのキーワードになりそうな「食」というワードが入っている。, 「Hatch I need」と<食>の描き方がどう変わっているのかを見るのも、作品全体を捉えるうえで重要な要素になるかもしれない。(この記事ではわりとスルーしちゃいますが), さて、「摂食ビジランテ」が終わったあとに展開されるのが「夏影テールライト」という、爽やかな楽曲である。, この曲も冒頭4曲とは違う雰囲気の楽曲であり、アルバム全体の流れに揺さぶりをかけている。, しかし、このアルバムではあくまでもユニゾンのバンドサウンドでそれを行うという意志を「夏影テールライト」のアレンジでも感じさせてくれる。, 余計な音は入れず、ユニゾン三人のシンプルかつ緻密な音のアンサンブルを「夏影テールライト」で味わうことができる。, ユニゾンの三人でかかれば、こんな魔法を生み出すことができるんだぜ、ということを改めて宣告するような、そんな心地。, ここで少しゆったりしたバンドサウンドを展開するからこそ、再び疾走感のある「Phantom Joke」に戻ったときの、ユニゾンならではの爆発力がより鮮やかになっていく。, そして、ユニゾンならではのエモさ・・・というか、ユニゾンならでは泣き歌ソングなのが「101回目のプロローグ」だと思う。, 「101回目のプロローグ」の歌詞って、ユニゾン以外のバンドだとそこまで刺さらないというか、「は?何言ってるの?」みたいなひねくれ方をしていると思う。, でも、ユニゾンの今までの活動を追っている者からすれば、最後の楽曲のこのひねくれ方こそが「いつものやつ」であり、そういうある種のひねくれ方こそが逆にストレートに感じられると思う。, というか、今までのユニゾンのスタンスを理解している人ほど、この歌が語る「君」いう代名詞の中に、ストンと自分たちファンのことを代入できる歌になっているのかなーと思うのだ。, このバンドのファンだからこそ、歌われている言葉以上の意味が伝わってくるという意味では、同日発売されたヤバTのアルバムとも似ているところがあるんだけど、そのバンドのファンだからこその伝わるメッセージ・ソングってぐっとくるものがあるよなーと改めて思うし、15周年のときの大きなライブでは、あえて余計なMCはしなかった田淵が<本当の気持ちを話すのは 4年ぐらい後にするよ>という言葉をここでしたためるのは、ぐっとくるものがあるよなーと思う。, この時点で、すでに20周年に行われるであろう大きなライブの布石をしているのが、実にニクイというかなんというか。, このバンドのファンだからこそ、伝わってくる言葉を羅列していき、最後に<魔法が解けるその日まで>というファンだからこそ伝わる言葉で締めくくるところのが、良いなーと思うのだ。, まあ、アルバムのメッセージとは何なのか?というようなあまりにも野暮な問いだと思うけれど、あえて言葉にしたいと思う。, このアルバムを聴いてひとつ言えるのは、このアルバムは「ファンの層を広げるためのアルバム」ではなく、「今までファンだった人だからこそ刺さるアルバム」であるんだろうなーということなのだ。, だからこそ、ユニゾンというスリーピースバンドが紡ぐバンドアンサンブルを重視したアレンジの曲を並べたのだと思うし、ユニゾンのファンだからこそわかるフレーズを随所にちりばめたんだろうなーと思うのだ。, そして、今作もトータルでみると、ロックバンドっていいでしょ?という、シンプルかつスマートなことを伝えるアルバムになっているのかなーと感じるのだ。, 去年のB面ツアーを予感させるフレーズで固めた「Hatch I need」では<あらすじは終わっていない>と宣言して、このアルバムを始まった。, <運命は過去に置いてきた>という言葉が印象的な「マーメイドスキャンダラス」では、バンドはワクワクがなくなるまで、いつまでも駆け抜け続けるイメージを与える。, 「スロウカーヴは打てない(that made me crazy)」では、<I must doubt “Pop music You may doubt “Rock festiva>という言葉を用いて、さり気なくバンドのスタンスを表明していき、「摂食ビジランテ」では、<万人が煽る ユートピアに期待なんかしてないから 今日は残します>という具体的な決意表明を行う。, 「夏影テールライト」では、最後のフレーズの裏を読むと<(君が)幻に消え「ない間は」 ジョークってことに「しない」>でほしいという切実な願いがそこにあるように感じるし、だからこそ「世界はファンシー」では<My fantastic guitar!>というフレーズに代表するように、ユニゾンならではのロックを言葉とサウンドの両方でこれでもかと畳み掛けていく。, そして「Simple Simple Anecdote」では、今の君に対するメッセージをさりげなく述べて、「101回目のプロローグ」では、今の君(=ファン)に対して、これからの自分の決意をそこに示して、かっこいいロックバンドはまだまだ続いていくことを予感させて、終幕を迎えるのかなーと感じたのだ。, 物好きな君に対して、ロックバンドってかっこいいでしょってことを改めてお伝えするための、これからのユニゾンを自己紹介をし直すためのアルバムだったのではないか。, 余計なことなんて抜きにして、何度も何度もこのアルバムを聴きたくなる自分がいるから。.

ジャニーズwest お兄ちゃん 医者 11, ギリシャ語 聖書 対訳 5, ヴォカリーズ ピアノ 難易度 8, Rpg ツクールフェス 作品 感想 15, パタヤ ブログ 夜 8, ニキビ 有効成分 一覧 4, えきねっと 新幹線eチケット 表示 されない 10, Super Atok Ultias データ消去 19, ハロプロ ファン ブログ 32, キンカン ノアール 口コミ 4, ジミーペイジ ドラゴン テレキャスター 6, イルミナカラー クリスタル 配合 4, あつ森 住宅街 マス目 5, あん スタ メルスト グッズ 6, ジャニーズ 身長 ジュニア 21, ヴェルディ U10 セレクション 23, ホンダ ビッグスクーター フュージョン 11, 佐藤健 車 持っ てる 6, 会計事務所 在宅勤務 求人 5, Les Sens Ciel 店舗 5, サ道 北の聖地でととのう 無料 9, Ldk ひとつ 屋根の下 キャスト子役 4, 医者に好 かれる 患者 11, 梅沢富美男 俳句 レベル 5, シャッフルおじさん 声 誰 10, 鳥につける 名前 アメリカ 5, ディスコ 選考 早い 4, 鼻水 鼻づまり 止める方法 6, 2020年 運勢 四柱推命 無料 仕事 54, 札幌 個室 デート 4, 近畿大学 国際学部 ゼミ 4, 平野啓一郎 新聞 小説 4, 高校野球 女子 ルール 17, Nv200 プレミアムgx ブログ 10, 生田斗真 実家 北海道 8, 大門未知子 倒れる 小説 15, ポツンと一軒家 岩手 葛巻 12,

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Related Posts

Congresos y estudios para mostrar un futuro mejor

Este pasado lunes 21 y martes 22 de octubre se celebró en Barcelona el

Informe del Mercado de Trabajo de las Personas con Discapacidad

Según el Informe del Mercado de Trabajo de las Personas con Discapacidad publicado por

AGRADECIMIENTO A IBERSPA, EMPRESA SOCIALMENTE RESPONSABLE EN LA QUE ASPID DESARROLLABA UN SERVICIO EXTERNALITZADO DE MANIPULADOS

Serviaspid, Centro Especial de Trabajo de la entidad ASPID, agradece la confianza depositada en

EMPRESAS DESPIERTAS

Llevan varios años resonando en nuestras mentes conceptos como Mindfulness, Atención Plena, Conciencia, Presencia… y

Felices fiestas y feliz año 2019!

De parte de todo el equipo de ServiASPID, os deseamos felices fiestas y feliz

Nuevos retos; Más contratación pero más rotación

Según varios estudios realizados este inicio de año 2018, casi 8 de cada 10

¿Cómo influye la gestión del tiempo en la productividad?

La gestión del tiempo es el elemento que más influencia tiene cuando se trata de

ASPID TEME POR EL FUTURO DEL CENTRO ESPECIAL DE TRABAJO

Prevé una reducción de las ayudas a las entidades que trabajan con discapacitados físicos

El trabajador Orquesta: La polivalencia

¿Qué prefieren las empresas, un perfil polivalente o especializado? El debate está servido. La preferencia

Se buscan profesionales que sepan crear negocio

Con un mercado laboral repleto de candidatos altamente cualificados, los departamentos de recursos humanos

Ayudas al empleo de la Fundación Mafre

Este año se celebra la quinta convocatoria de las ayudas al empleo de la

ServiAspid, cada vez más cerca de vosotros

Este mes de diciembre la agencia ServiAspid ha iniciado nuevos programas de empleo en